特装版に注目してみました。

こんばんは、本日は仕事の合間に、ブックオフに寄ってみまして。

コミックの特装版を探してみました。

無いのかと焦りましたが、探すと意外に見つかり、びっくりしました。

購入した商品はこんな感じです。


新品未開封で500円!

新品未開封で300円!
新品未開封で900円

30分ほどで見つかりましたので、見込みだいたい3000円くらいかなと思います。

本当はもっとよく見たかったのですが、時間がなく30分で撤退です(;’∀’)

もう一時間くらいあったら、もっと取れたかなと思います。

あと、ブックオフ行った方ならわかると思いますが、包装されていても中古品の場合があります。

ビニールによく注意していただき、写真だとわかりづらいですが、こういった包装されてます。

また、触った感じ柔らかいビニールです。

クリックが励みになります。よろしくお願いします!


人気ブログランキング

せどりでうまくいかない。

実は、せどりが思ったようにいかなく、落ち込んでいました(-_-;)

そんな時、ふと入ったブックオフにて野村克也氏の「負け方の極意」という本を読んでおりました。

負けかたの極意

負けかたの極意 [単行本(ソフトカバー)]野村 克也講談社2013-05-21

野村監督の選手時代から監督時代までの出来事や気づきなど内容の濃い素晴らしい本です。

その中で「失敗や負けは過信、うぬぼれを戒め、謙虚さを素直さを教えてくれる」という言葉が響きましたね、

また、失敗の分析も野村氏は抜群で、「負けは必要なことを教えてくれる悪友」と例えておりました。
つまり、それだけ失敗や負けは、成功よりも大きい、貴重な場だと説いていました。

後半には、古田敦也正捕手を一流へ育てた極意があり、その場で野球が行われているのではないかというぐらいの駆け引きが熱くなりました。

これも、野村監督が凡才だからこそだと思います。
最後に、野村氏は「凡才だからこそ努力する、努力するものほど一流になれる」と書かれておりました。

僕のせどりの失敗もこういうことなんだと実感いたしました。h

https://tak-sedori.com/2019/02/28/%e3%81%9b%e3%81%a9%e3%82%8a%e3%81%a7%e3%81%86%e3%81%be%e3%81%8f%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%82/(新しいタブで開く)